エステ脱毛術

最新技術を取り入れたトラブルのない脱毛エステ

エステ脱毛の技術は昔と比べてかなり進歩し、痛みが圧倒的に少なく事故もほぼない状態になってきました。

 

その秘密は、光脱毛という手法が取り入れられるようになってきたことにあります。波力の高い熱と光を、少しずつ丁寧に肌にあてていくことで肌の奥から刺激を与え、回数を重ねるごとに毛根を死滅させていきます。

 

照射の都度、ジェルなどでしっかり冷やしながら熱と光を与えるため、熱さや痛みを感じることがほとんどなく、昔の脱毛の手法と比べると肌トラブルの割合もほとんどなくなりました。

 

怪我やニキビなどが化膿している部位は照射できませんが、治りかけの場合やニキビ跡が黒くかすかに残っている状態であれば照射することができるので、実際に部位を見せてカウンセリングのときに相談すると良いです。

 

脱毛エステでは近年このような画期的な方法がとられるようになったことでますますブームを加速させ、自宅などでも自己ケアができる光脱毛機が市販されるようになってきました。しかし、施術方法の進化に甘えるだけではなく、脱毛エステ後の肌は敏感になりやすいということを忘れてはいけません。

 

施術した直後は非常に肌が乾燥するようになっているため、その場では専用の保湿クリームなどを塗ってくれるのであまり気にならないかもしれませんが、自宅に帰った後でも約1週間は徹底して朝晩、毎日の保湿を心掛けるようにしましょう。熱が肌にこもってしまう状態のため、直後はできるだけ冷やすようにすることも大切です。

 

さらに、夏場ではないとしても徹底した紫外線対策は行いましょう。特に顔やうなじ、背中などを施術した場合に日焼けしてしまうと肌トラブルを起こしやすくなるため、外出のときはいつも以上に意識して日焼け止めクリームなどでしっかりケアすることが大切です。進歩した脱毛エステの技術の効果をより高くするには、こうした日頃からの自己ケアも行うことで理想の美肌へと導くことができるのです。

気になる!エステのコースと内容

一昔前と比較すると、脱毛エステサロンは巷に溢れるほど増え、施術自体も技術が高いのにかなりリーズナブルなものになり、誰でも受けられるようになってきました。今では女性の美容の常識とまで言えるほど、当たり前の風習になっています。

 

これから脱毛を受ける方の中にはどんなことをするのか、どのようなコースがあるのかわからず人にはなかなか聞きにくいという事情もあるかもしれません。ここではエステの一般的なコースと、施術内容について紹介します。

 

部位ごとに、S、M、Lに分けられており、照射回数が多いほど大きいパーツとして料金が高くなっています。施術の期間はおよそ2ヵ月おきとされ、コースの回数と期限があらかじめ決められています。

 

例えば脱毛初心者がまず初めに処理する両脇ですが、コース契約にはいくつかあり、6回がスタンダードです。6回を2カ月おきに通うため、すべて消化するまでに1年かかるということになりますが、ときには通えない場合もあるため、こうしたリスクを見越して2年まで期限を設けるというような仕組みになっています。

 

このような部位ごとの回数コースを契約する人が多いですが、サロンによっては都度払い制を導入していることもあり、すでに処理をしてきたけれど剃り残しがある場合などに気軽に施術を受けることができます。

 

だいたいは契約前にカウンセリングやパッチテストを行って、肌の状態をみたり施術体験をしてから契約をするという流れです。最近では誰でも脱毛を受けるようになってきましたが、以前とは違い痛みが少ない光脱毛という手法をとるようになったことも、人気の秘密です。

 

熱と光による照射で肌の奥を刺激し、毛根を死滅させる方法です。照射時間が短い上に価格はリーズナブルで、効果もしっかり期待できるという利点があります。施術の後は肌がとても乾燥するため徹底した保湿が必要ですが、自己ケアを気を付けていれば理想の美肌を手に入れいることができます。

 

脱毛エステで人気があると言えばミュゼプラチナムがダントツです。値段もリーズナブルで通いやすいのが特徴です。ワキコースなら数百円からお試しで使えますので、脱毛エステビギナーならミュゼプラチナムがお薦めだと思いますよ。こちらのミュゼプラチナムの口コミサイトで実体験情報もあるので参考にどうぞ。